カテゴリ:再入荷( 88 )

FIGHT IT OUT またまた再入荷!!!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





FIGHT IT OUT / Talk Shit and Hope (cd) Bowl head inc. \2100
d0246877_6521356.jpg

Y-town Hardcore!FIGHT IT OUTの超待望の新譜となるセカンドアルバムが前作と同じく東京のBowl head inc.より登場!
これがやばい、驚愕の内容になっております、1年前くらいにFIVE NO RISKのFe平氏と話をしていた際に『FIGHT IT OUTかなりやばくなってる、めちゃくちゃ泥臭くてアツい感じや、yangがやばい!』なんてことを聞いてて、FIGHT IT OUTて個人的にはアーバンでサグな感じで洒落たイメージがあったし、気になるなーと思いつつもなかなかライブを見る機会はなかったんですが今年5月くらいにyang君から今作のサンプルをもらって一足先に聴かせてもらったんですが、うわー、Fe平氏の言ってた通りやん、やばいやん、やばすぎるやん(何故か関西弁)な感じでそっからずっと聴いてます、13曲、18分の衝撃、素晴らしい一枚です。
まずは余計なものは全て排除したかのようなシンプル、ストレート、ダーディー、ダークで荒々しさ抜群なパートを大胆に取り入れながらも、勿論前作と同じくがっつり踊れる激ビートダウンも搭載、より勢いを増したファストパートとビートが落ちるパートとのコントラストが異様な際立ち方を見せる、そして更には所謂タフガイ、NYHC的なビートダウンではなくスラッジ、ドゥーム的なスローパートも入れてきてるし、シンプルながらも随所でツボをついてくるセンス抜群な楽曲に、日本語歌詞へシフトチェンジし熱量と勢いが凄まじいことになっているボーカルを搭載、前作とは雰囲気ががらりと変わってます。
レーベルインフォにTRASH TALK, BLACK FLAG, CONVERGE, SLANG, CEREMONEY好きにと書いてあったんですがまさに上記バンドをFIGHT IT OUT流にブっ放ったかのような、とにかく凄い一枚です、前作からのファンは勿論のこと、より幅広いハードコア好きにアピールできるであろう作品、全13曲入り、超絶大推薦盤!
今作リリース後は盟友A.O.Wとのツアーを中心に、NUMB主催による夏のハードコアの祭典OLYMPIKや、大阪にて開催される日本最大級のストリートフェスFREESTYLE OUTRO、そして夏のパンクフェスSHIBUYA CRASH等に出演が決定しており、今後の活動も楽しみ!岡山も来て欲しいす!

1. THAT'S SAGGIN
2. TRUE IDENTITY
3. SIGNAL OF REBELLION
4. TALK SHIT & HOPE
5. GLOOM
6. ANTI
7. DEEP DYED
8. GAIN GROUND
9. LOST CAUSE
10. HOPE AGAINST HOPE
11. NOTHING WRONG
12. MASS WASTE
13. UNTITLED





FIGHT IT OUT / Still Suck (cd) Bowl head inc. \2100
d0246877_19245816.jpg

2000年に結成の横浜ベイY-TOWNのリーサルウェポンことFIGHT IT OUTの大阪のEX-Cとのsplit、多数のコンピレーションの参加を経ての超待望の1stアルバムが遂に遂に完成っ!!!
地元横浜、関東を中心にガンガンイケイケに活動しつつ、2006年にはスウェーデンにて行われたヨーロッパ屈指のハードコアフェス『DEAD FEST』にも日本のバンドとして唯一参戦!HOODS、OUTBREAK、SHAI HULUD、PARKWAY DRIVEなどの凄まじい面子とも共演を果たす。
今作ではこれまでのNYHCを基盤としたメタリックかつタフでストロングでストレートに突進してくるイケイケなサウンドをよりズシズシとくる重厚感と迫力感を増幅させ、悪い雰囲気が漂う感じに進化させながら展開されるY-TOWN式ハイブリッドストロングビートダウンハードコアチューンが満載!
ここぞとばかりに落としまくってくる強烈ななビートダウンパートとタフでメタリックに突っ走る超イケイケパート、そして随所に組み込まれたシンガロングパートを完璧なまでに融合させたサウンドでTERROR、HATEBREED、HOODS、SHATTERED REALM、NUMB、FACECARZ、4REAL、MOBBなんかのNYHC、NEW SCHOOLハードコアファンは勿論のこと、多くのラウド、ヘビィミュージックファンに聴いてもらいたい最高傑作!!!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-10-02 18:09 | 再入荷

COLD WORLD / No Omega 日本盤 再入荷!!!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





COLD WORLD / No Omega 日本盤 (cd+dvd) Bowl head inc. \1995
d0246877_1833685.jpg

NYHCマニアの間じゃ結構前から話題になっていたCOLD WORLDの入手困難になっているアルバムやsplitなんかを収録した編集盤の日本盤!!!
NYHC meets HIPHOPのbiohazardを思わせるようなラッピンなvoにミドルテンポを主体とした楽曲、ストレートかつストロングなスタイル。ビートダウンとかはあんまりない感じなんですが、とにかく、このバンドはセンスがよい。
時折入るDJスクラッチしかり、数多く製作されているマーチャンダイスも大人気みたいでアメリカじゃ結構な高値で取り引きされてるとか?madball、biohazard、fury of five等が好きな人は是非!
今作ではCDに加えアメリカ、ヨーロッパ等のツアー・ドキュメンタリー、伝説とされる05年のPOSI FESを含む貴重なライブ映像、さらにCOLD WORLDのメンバーが関わっているRAZZLE DAZZLEとIRON AGEのビデオ・クリップを収録したボーナスDVD付の2枚組み仕様!!
日本盤にはドラマーNickによるDOPEなヒップホップ・ビート(約10分に及ぶ)をボーナス・トラックとして収録!! 新作も楽しみすぎます!






COLD WORLD
イケてるシャツも少し在庫ございます!!!
こちら
からどうぞ!!!

[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-10-02 18:06 | 再入荷

Discharming man! 新作再入荷!大推薦盤!


爆売れ!!!再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





Discharming man / フォーク (cd) Traffic/P-VINE \2800
d0246877_23265423.jpg

遂にきた、遂にきた!既に永遠の名盤といえる一枚が到着!最早説明不要ではありますが元キウイロールのフロントマンである蝦名啓太さんのソロユニットとしてはじまり現在はバンド編成として活動する札幌のDischarming man!!!前作『dis is the oar of me』より約2年半を経て作り上げられた激烈待望のセカンドアルバムが登場です!!!
今作発売の前に先行公開された"blind touch"のPVを見て、あーこれはまた凄い、凄まじい一枚になっていると感じた。
そして届いた完成品。しょっぱなから『君は僕を殺す 僕は君を殺す』と、、、グサッと突き刺さる蝦名さん節炸裂の詞、そしてあの声。
前作『dis is the oar of me』はそれまでのDischarming manのベスト的な内容の作品でしたが、今作はライブを見れていない自分にとってははじめて聴く新曲ばかり。
Discharming manの音はぐわぁーとくる、Discharming manから発せられる音がぐわぁーと迫ってくる感じなんです。
きらびやかな美しさやふわふわと揺らぐ浮遊感や心あたたまるようなホッとする優しさに包み込まれながらも、その中に感じるぐっさり突き刺さるようなエモーショナル具合いや、ヒリついた緊張感、そして特筆すべき蝦名さんの唄。
その全てがぐわぁーと。
やはり蝦名さんの唄は凄い、凄まじい力を持っている、前にも書きましたが、一聴すれば蝦名さんだってすぐわかる、その声と歌い回し。世界中数えきれないくらいのボーカリストがいるでしょうが、こんなに存在感のあるボーカリストはいないんじゃないかと思う。完全唯一無二。
自分みたいなのがなんやかんや書いても伝わらないと思いますが、とにかく何か気になるならば聴いてください、感じてくださいと言いたい一枚。
この一枚を聴いた後に残る感動は計り知れない。決して聴き流すことの出来ないような力強さがこの盤からは発せられていると思う。
2007年にリリースされたシングルに収録の『いた』も再録収録した全10曲入り、約50分。最高です。猛烈大推薦盤!!!



新作のテーマ(蛯名啓太氏コメント)
今回はいつになくいろんな方々の協力を得て出来たアルバムだと思っています。
その協力してくれたみんなのそのままと、発起している自分とのぶつかり合いといいますか、平たくいいますと裸のアルバム。
とっても素直なDischarming manが完成しました。前回のアルバムに多くあった大作の反動とでもいいましょうか、3 〜 4 分の曲をもっと作りたくて出来たアルバムです。

< Track List >
1. カッコウが鳴いている
2. blind touch
3. Re:Fine tuning
4. バス停2
5. OFF
6. いた
7. 今
8. Disdoor
9. funnyborn
10. Good-bye








DISCHARMING MAN / dis is the oar of me (cd) Trafic \2800
d0246877_15165847.jpg

ex-キウイロールのボーカルである蛯名さんのソロプロジェクトとしてはじまった札幌のDISCHARMING MANの待望の2ndフルアルバムがTrafficよりリリースっ!!!
今作はシングル三部作となった『 360°』、『 the end 』、『 いた 』 をはじめ1stデモからの名曲『 因果結合666 』も収録されたDISCHARMING MAN結成以来のベスト盤的な内容で、これまでの集大成的かつより全国デビュー盤となりより幅広いリスナーにDISCHARMING MANを知らす最高な一枚となっていて、
ボーカル蛯名さん自身もも『 とりあえず凄いものが出来てしまったのは確かです、今事故って死んでも悔いはない音が残りました。 』とメッセージを残すほど、それほどに素晴らしいアルバムになっております。
まず初期では打ち込みなどによるユニット感が強い印象でしたが、シングル三部作辺りからはバンド編成での音も作り上げ、そしてライブでもバンド編成を導入、今作では全編バンド編成での録音で更にシングル『 360°』のラスト曲『 スロゥ 』に参加していたブラッドサースティブッチャーズの吉村氏が加入、そしてその吉村氏のプロデュースとゆう最強の編成で作り上げられている。
今作では結成から試行錯誤を繰り返し、そしてバンド編成として固まり奏でられる音たち。ピアノなんかも取り入れながらキラキラときらびやかで全体的に透明感に包まれたゆったりとまったりと美しい音が散らばっている、そして4曲目の『 the end 』なんかには強く感じる、その美しさの中に見え隠れするライブ感溢れるようなダイナミックさとやはりハードコアパンクロックの精神、、、確かにそう、これは美しい、美しくあるんだけど、しかし個人的にはやはりヒリヒリとした緊張感のある雰囲気を感じるのだ。曲も勿論そうなんだけどやはり蛯名さんの歌なのだ、本当に素晴らしいのである。
何かやはりこう独特の歌声とゆうか声に凄く力や感情がこもったような、伸びやかで繊細で優しくて暖かくて、でも時に感情極まったような絶叫も見せる。そして必然的にその歌声に引き付けられ、引き込まれてしまうようなようなそんな感覚になるのだ。一聴すれば蛯名さんの声だってわかる、そのくらいに歌とゆうものが凄まじく強く響いてくる。
全11曲、67分とゆう大作に仕上がっている、しかし全く飽きさせず、さらりと聴けてしまうのだ。
再録の曲がほとんどだけど再録の曲も初期の打ち込みでの曲はガラリと雰囲気が変わっているし、バンド編成で録音されていた曲も格段によくなっている。
なにより新曲の『 不思議な船 』、そしてキウイロールの解散ライブで披露されていたとゆう幻の曲『 White 』が収録されていて。これらがまた素晴らしいのである。
確実に後世に語り継がれるべき名作である。大推薦ーーー!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-10-02 15:17 | 再入荷

NORDe 再入荷!!!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





NORDe / 『 』 (cd) RADICAL EAST \1200
d0246877_14533294.jpg

2011年3月の岡山でのライブで惜しくも凍結した京都のNORDE再入荷!!!

結成7年、、、遂に京都暗黒世界からの贈り物が到着!!!
京都ハードコアNORDE待望の4曲入り単独音源!これまでのリリースはデモ音源数本とV.A/keep his~に参加だけとゆう活動暦とは逆に正式音源がほぼない状態ながらもその圧倒的なライブパフォーマンスと楽曲のクオリティの高さ、rebel familiaとの共演や様々な方面に向けられた活動スタンスが各地で絶大な支持と注目を浴びてきた彼等。
初期はニュースクール的イメージが強いですが徐々にサウンドが変化、グラインドやドゥーム、スラッジ、カオティック等の様々な要素を吸収して作り上げられた今作はヘビィで凄まじく暗黒臭が漂う作品となっています。
暗黒が渦巻く底無し沼に引きずり込まれるかのような暗く、重いスローパート、ビートダウンパート?から、ニュースクールでカオティックなエッジの効いたパートも勿論組み込まれた楽曲にVo.ミズノ氏のゴッついボイスとギター.ハルキ氏の地獄の底から叫ばれるかのようなコーラス、シンガロングパートがのったサウンド。個人的には全てがモッシュパートかのような感覚に陥ってしまった。
ラストのラストに繰り出される激烈ケイオスグラインドハードコアナンバーも最高にかっこいい!
アートワークも真っ黒!
black ganion、corrupted、not Ⅱ belikesomeone、極悪ハードコアからスラッジ、ドゥーム、カオティック、全ハードコアファン要注目!大推薦盤!
ちなみにドラムのシュンキ氏はLAST ONE STANDINGにも在籍!ハルキ氏は名古屋のグラインドバンド、GANG UP ON AGAINSTにも在籍している。





ハルキ氏がやっているDJ LOUNGEMANも各種発売中!!!
こちら
からチェックよろしくお願いします!!!

[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-10-01 14:57 | 再入荷

obstinacyobstinacyobstinacy!!! 再入荷!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





obstinacy / demo (tape) Self \200
d0246877_605889.jpg

近年凄まじいまでの注目を浴びる岡山県は県北の街、津山のパンクシーン、その津山と同じく岡山県の北に位置する新見市より突如として現れたハードコアパンクバンドobstinacyの初音源となるテープ!!!
新見市初?のハードコアパンクバンドであろうobstinacyは現在Dance my dunceを率いるサトウ氏が在籍していた岡山伝説のハードコアバンドPinpricksでも最後期にベースを担当していたメンバーも在籍する3人組バンド。
3人の見た目から勝手にUSな早いスラッシュハードコアなバンドなんだと思ってましたが、これがどっこい、違う感じでしたー!
まさに津山のバンド、北欧系のハードコアパンクからの影響も色濃く感じさせながら、80's日本パンクな雰囲気もびしびし感じさせる日本語Raw hardcore punk!てな感じでこれからの活動に期待大の名刺変わり的な一本!
既に津山はもちろん岡山市内のライブも敢行!これからもちょこちょこスケジュール入ってるようなので要チェックです!






obstinacy
次の岡山ライブはこれ!!!


2011.10/9
岡山CRAZY MAMA1

MORTALIZED
HEMIPENIS
D.D.E
LAST
REFLECTION OF YOUTH
obstinacy
S.E.X 4eva
MOLD

[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-10-01 14:50 | 再入荷

FIGHT IT OUT 再入荷!!!


先日のFREE STYLE OUTROでのライブが
やばすぎた
FIGHT IT OUT
再入荷!!!


record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





FIGHT IT OUT / Talk Shit and Hope (cd) Bowl head inc. \2100
d0246877_6521356.jpg

Y-town Hardcore!FIGHT IT OUTの超待望の新譜となるセカンドアルバムが前作と同じく東京のBowl head inc.より登場!
これがやばい、驚愕の内容になっております、1年前くらいにFIVE NO RISKのFe平氏と話をしていた際に『FIGHT IT OUTかなりやばくなってる、めちゃくちゃ泥臭くてアツい感じや、yangがやばい!』なんてことを聞いてて、FIGHT IT OUTて個人的にはアーバンでサグな感じで洒落たイメージがあったし、気になるなーと思いつつもなかなかライブを見る機会はなかったんですが今年5月くらいにyang君から今作のサンプルをもらって一足先に聴かせてもらったんですが、うわー、Fe平氏の言ってた通りやん、やばいやん、やばすぎるやん(何故か関西弁)な感じでそっからずっと聴いてます、13曲、18分の衝撃、素晴らしい一枚です。
まずは余計なものは全て排除したかのようなシンプル、ストレート、ダーディー、ダークで荒々しさ抜群なパートを大胆に取り入れながらも、勿論前作と同じくがっつり踊れる激ビートダウンも搭載、より勢いを増したファストパートとビートが落ちるパートとのコントラストが異様な際立ち方を見せる、そして更には所謂タフガイ、NYHC的なビートダウンではなくスラッジ、ドゥーム的なスローパートも入れてきてるし、シンプルながらも随所でツボをついてくるセンス抜群な楽曲に、日本語歌詞へシフトチェンジし熱量と勢いが凄まじいことになっているボーカルを搭載、前作とは雰囲気ががらりと変わってます。
レーベルインフォにTRASH TALK, BLACK FLAG, CONVERGE, SLANG, CEREMONEY好きにと書いてあったんですがまさに上記バンドをFIGHT IT OUT流にブっ放ったかのような、とにかく凄い一枚です、前作からのファンは勿論のこと、より幅広いハードコア好きにアピールできるであろう作品、全13曲入り、超絶大推薦盤!
今作リリース後は盟友A.O.Wとのツアーを中心に、NUMB主催による夏のハードコアの祭典OLYMPIKや、大阪にて開催される日本最大級のストリートフェスFREESTYLE OUTRO、そして夏のパンクフェスSHIBUYA CRASH等に出演が決定しており、今後の活動も楽しみ!岡山も来て欲しいす!

1. THAT'S SAGGIN
2. TRUE IDENTITY
3. SIGNAL OF REBELLION
4. TALK SHIT & HOPE
5. GLOOM
6. ANTI
7. DEEP DYED
8. GAIN GROUND
9. LOST CAUSE
10. HOPE AGAINST HOPE
11. NOTHING WRONG
12. MASS WASTE
13. UNTITLED





FIGHT IT OUT / Still Suck (cd) Bowl head inc. \2100
d0246877_19245816.jpg

2000年に結成の横浜ベイY-TOWNのリーサルウェポンことFIGHT IT OUTの大阪のEX-Cとのsplit、多数のコンピレーションの参加を経ての超待望の1stアルバムが遂に遂に完成っ!!!
地元横浜、関東を中心にガンガンイケイケに活動しつつ、2006年にはスウェーデンにて行われたヨーロッパ屈指のハードコアフェス『DEAD FEST』にも日本のバンドとして唯一参戦!HOODS、OUTBREAK、SHAI HULUD、PARKWAY DRIVEなどの凄まじい面子とも共演を果たす。
今作ではこれまでのNYHCを基盤としたメタリックかつタフでストロングでストレートに突進してくるイケイケなサウンドをよりズシズシとくる重厚感と迫力感を増幅させ、悪い雰囲気が漂う感じに進化させながら展開されるY-TOWN式ハイブリッドストロングビートダウンハードコアチューンが満載!
ここぞとばかりに落としまくってくる強烈ななビートダウンパートとタフでメタリックに突っ走る超イケイケパート、そして随所に組み込まれたシンガロングパートを完璧なまでに融合させたサウンドでTERROR、HATEBREED、HOODS、SHATTERED REALM、NUMB、FACECARZ、4REAL、MOBBなんかのNYHC、NEW SCHOOLハードコアファンは勿論のこと、多くのラウド、ヘビィミュージックファンに聴いてもらいたい最高傑作!!!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-09-16 19:25 | 再入荷

不幸不幸不幸不幸不幸不幸不幸不幸 再入荷!!!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/





不幸 / st (cd) Self \840
d0246877_4555677.jpg

関西オールドスクールの雄、Meaning of lifeのギタリストであるソウイチロウさんと現Slutsでex-Boxed in、Second to noneのタゴ氏、奈良のB-side approachのマサト氏、Y.D.Bのオカ氏による4人組ニューバンド!その名も不幸が遂にそのベールを脱ぐ!
先日初ライブを行い、それと同時にリリースされた名刺代わり的な今作、メンバーを見て、どんなオールド、NYHCなサウンドなんだろうか?と思いきやプレイボタンを押して流れてくるのは雷鳴轟く不穏な空気バリバリにズドゥーンと重苦しく、遅いドゥーム、スラッジサウンドーーー!
まさに不幸のどん底に突き落とされるかのような どす黒いサウンドはBlack sabbath、Electric wizard、Sleepにもろに影響を受けたかのような、もくもくと黒い煙に巻かれるようなうねるグルーヴ感とともに放たれる黒く、重い音の塊、、、
そこに搭載される個人的に驚きまくったソウイチロウさんから放たれているとは思えない感じのEvilボイスが
『曲はDOOMだけど歌はBLACK METALみたいにしたかったんよね~』
と言う通り、これまた黒くて邪悪でやばいっす、、、
上で挙げたBlack sabbath、Electric wizard、Sleepファンは勿論のこと、Church of misery、Greenmachine、Second to noneが好きな人も是非是非!
ラストに10分にも及ぶ激シブモクモク大作インストチューンも収録された全3曲入り!限定500枚!
透けた特殊紙に印刷されたジャケもかなり不穏なアートワークでいけてます!
※※※現在タゴ氏は脱退3人編成で活動中!!!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-09-07 04:57 | 再入荷

WHAT-A-NIGHT'S!!! 再入荷!!!


再入荷!!!

record shop DIG DIG web shop
http://goforwardkeep.ocnk.net/






WHAT-A-NIGHT'S / st (cd) Nice'n'easy \1575
d0246877_4533350.jpg

四国は徳島より超注目バンドの登場です!
MINORITY BLUES BAND、I EXCUSEとゆうSnuffy smileの2トップと言えるバンドのメンバーにより結成されたWHAT-A-NIGHT'Sの待望の初正式音源が登場!

以前はWEDDING NIGHTSとゆう名前で活動していましたが今回、WHAT-A-NIGHT'Sと改名しての10曲入り1stアルバムを自主レーベルNice'n'easyよりリリース!!!
MINORITY BLUES BAND/FRAGMENTS、I EXCUSEのメンバーが在籍とのことでその期待も否が応にも高まりますが、その期待を裏切らない素晴らしい作品となっております、
そのサウンドはMINORITY BLUES BAND、I EXCUSEぽさも健在ながら、FRAGMENTSで見せた唄心とアダルティーな雰囲気をより進化させたような感じで、メロディアス、爽快でありつつ、哀愁感もアリアリに、ほとばしるアツさも兼ね備えた、哀愁ドライビンメロディックパンクてな感じでとにかく最高!
もう簡単に言ってしまえばMINORITY BLUES BAND、I EXCUSE、FRAGMENTSを足したような音でしょうか?
とにかく上記3バンドが好きな人は確実に満足してもらえる素晴らしい一枚に仕上がってます。
やはり個人的にはMINORITY BLUES BAND時代からスポさんのボーカルが大好きでありまして、アツくて、青くて、切なくて、かつしっかりと唄心があって、やはりこのボーカルがのっただけで最高にかっこいいなと思うわけです。もちろん楽曲も申し分ないす!全10曲入り。大推薦でございます!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2011-09-07 04:54 | 再入荷


〒700-0902 岡山県岡山市北区 錦町1-24 SOHO BLD.3F (CRAZY MAMA1 すぐ下)      e-mail: recordshopdigdig@gmail.com


by recordshopDIGDIG

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
DIG DIG
お知らせ
新入荷
再入荷
LIVE SCHEDULE
入荷予定
PICK UP
独り言
DIG-EST zine
未分類

最新の記事

MAD CONFLUX!!!..
at 2017-04-02 13:41
EARTH CRISIS /..
at 2017-04-02 13:35
170306
at 2017-03-06 11:24
170301 本日19時から..
at 2017-03-01 12:52
170228 本日19時から..
at 2017-02-28 12:52
170226 本日12時から..
at 2017-02-26 09:20
MC KHAZZ
at 2017-02-25 07:01
2/25
at 2017-02-25 06:50
Higher Power
at 2017-02-25 06:26
170221 本日19時op..
at 2017-02-21 12:25

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧