<   2012年 11月 ( 65 )   > この月の画像一覧

CE$(Mobbinhood/she luv it) mix cd


CE$(Mobbinhood/she luv it) mix cd
各種入荷しました!!!!!!!





d0246877_324295.jpg

CE$(Mobbinhood/she luv it)
三重県出身大阪府在住。DJ/FIXER/PRODUCER。ダブステップのDJとしてキャリアをスタート。
ハードコアパンクの現行価値観を常に背後に添わせた選曲と自由でフィックスさせる遊び方は界隈でも稀有。その遊ぶ道すがら出会った仲間と大事なものを交換し合いさらに拡がりを見せる注目のスキニーガイ。現在は大阪某所にてOoshima Shigeru、MichioshkaとともにMobbinhoodを開催。
並行してノイズビートダウンバンドshe luv itのベース担当。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 03:25 | 新入荷

LEEWAY / Sick of nostalgia


LEEWAY / Sick of nostalgia (7ep) Shirafu
d0246877_316280.jpg

惜しくも解散してしまった四国/徳島/高知産男女日米混同メンバー4人によるバンドLEEWAYの1st CDに続いてリリースされた11st 7epでラスト作品となる1枚。
高知在住アメリカ人であったイングリッド嬢とマッディー氏、徳島産グレート日本メロディックパンクThirsty chordsの大久保氏と高知産ポップパンクPALL MALLのキョウヘイ氏とゆう日米混同による4人組バンドLEEWAYのラスト作品、前作1st CDが各地で大好評、注目を浴びながらもまさかの解散、、、イングリッド嬢とマッディー氏が故郷のシカゴに帰ってしまうのが分かっていたため元々短期間での活動と決まっていたようですが、よいバンドがいなくなるのは悲しいですね、、、
で、今作ですが勿論素晴らしいです、cd聴いてやられた人は間違いなく買いの1枚です。最高です。
イングリッド嬢のキュートで透明感ありながらも力強さも持ち併せたボーカルはここでもスパーク、あの感じの、あのボーカル、女性ボーカル/ポップ/メロディックパンク好きは確実にヒット間違いなしですし、そこに絡むThirsty chords節ばしばし、とゆうか大久保くんのキャラばしばしな男臭くてアツいボーカルがLEEWAYの武器、アップテンポ、荒々しく駆け抜ける楽曲は必然的にテンションがあがるし、前作でもあったイングリッド嬢による流暢な日本語の楽曲も素晴らしいです、そしてラストに収録のアコースティックナンバーは涙必至だと思います。
DISCOUNT、PEAR OF THE WEST、CIGARETTEMAN、ELMOCなんかを思わせながらも、そこにTHIRSTY CHORDSな色もぶちこんだグレートメロディックパンク!
Thirsty chords大久保氏によるShirafuからのリリースでっす、全6曲入り、大推薦盤!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 03:16 | 新入荷

11/20


11月20日(火)は
record shop DIGDIG
15時から21時まで!
よろしくお願いいたします。



record shop DIG DIG web shop
11/20 更新しました!




これからの営業時間予定です!

11/21(wed) 15:00〜
11/22(thu)
11/23(fri)
11/24(sat)
11/25(sun) 12:00〜20:00




通常営業時間は
平日 15:00〜21:00
土日祝 12:00〜20:00

になります。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 03:02 | DIG DIG

Gofish / とてもいいこと


Gofish / とてもいいこと (cd) Sweet dream press
d0246877_2583884.jpg

再入荷!
お馴染み名古屋が世界に誇るグレートハードコアバンド「NICE VIEW」でギターボーカルを担当するテライショウタ氏によるアナザーサイド。「NICE VIEW」とは対極的なサウンドを奏でるプロジェクト「Gofish」、待望の新作が登場でございます。
前作"あたまのうえ"から約3年を経ての新作となる3rdアルバム"とてもいいこと"、teasiやわすれろ草のリリースでお馴染みのSweet dreamからのリリース!!!
今作は前作に引き続き録音、ミックスも手掛ける稲田誠氏(Cb/ブラジル、PAAP、バイクモンド、etc)がコントラバスで参加、そして黒田誠二郎氏(Vc/ゆすらご、ex.細胞文学)がチェロで参加した、コントラバス、チェロ、アコースティックギター、そして唄とゆう編成で制作されており、更にゲストで山本達久氏(Dr)、asuna(Org)が参加した楽曲も収録。
ゆっくり、ゆっくりと進んでいくあたたかくも、どこまでも幽玄的なサウンド、流れ出ていく残響と、音の隙間、つぶやくように繊細に紡ぎ合わせていく唄、じっくりとじんわりと時間をかけながら体に染み込んでくるような音世界。
とってもあたたかく、ふわりふわりと浮遊しながらも、どこか背筋が伸びるような、深いとこに潜む緊張感のある音だと思います。



infoより...
毎夜「必見」のイベントにこと欠かない東京にあっては規模としてささやかなものかもしれないが、いや、だからこそ、まるで秘密のように噂が広がったライブがあった。稲田誠(ブラジル、バイクモンド他)をコントラバスに、黒田誠二郎(ゆすらご)をチェロに迎えたテライショウタ=Gofishの公演である。「聴いたことがない音楽」とその演奏を見たある人はレポートしていたが、さて、その秘密の音楽がついにアルバム『とてもいいこと』として完成した。

録音とミックスは前作に続き先述した稲田誠、ほかにも山本達久(ドラムス)とasuna(オルガン)も参加し、定評あるギターの弾き語りから噂を呼ぶウィズ・ストリングス曲も収録。幕開けからコントラバスとチェロ、アコースティック・ギターと歌声でトリオの到来が幾分軽快に告げられるが、どこかジミー・ジュフリーのマイナスの美学に通じるような、大風呂敷を広げず、その代わり見たこともない風呂敷を懐から取り出す謙虚な愛嬌もそこにある。さらに「夢の速さ」「とてもいいこと」に散りばめられた重なる歌声や、「滑走路」「明滅」といった曲での語りかけるような歌い口もまた、本作でテライショウタが手にした「とてもいいこと」のふたつだろう。

とはいえ、アルバムのピークのひとつは「ふたつの月」でやってくる。NICE VIEWでのテライショウタの姿が反転して重なる深い深いロングブレスやドローンはGofish史上最強の深度。しかし、息ができなくなり、気が遠くなる刹那、続くタイトル曲「とてもいいこと」が聴く者に救いの手を差しのべる。背景にある物音は生活の音だろうか。バック・トゥ・ライフ・アゲイン! そして、そこで重ねられた「ラララーラーラーラー」というコーラスは、最後の「明滅」での簡素な佇まいに受け継がれていき、ちょうど夕方いつもの帰り道を帰っていくように、もしくはまるでいつもの1日が終わるようにアルバムが終わるのだ。

丸めた背中でギターを包み、少し上を見つめて溜めた息に歌を込めるテライショウタ、そのライブの様子を遠目に見ればレイドバックした風体に見えなくもないが、しかし、決して聴く者をリラックスさせない張り詰めた何か、簡単に言葉に回収できない何か……。そういった「何か」はやはりこの作品にもあるけれど、しかし、その残像にはいつもより身近なぬくもりが感じられよう。

それは優美な室内楽風アレンジとの対照から、テライショウタの歌世界の手触り、生々しさ、柔らかさ、怖さ、底知れなさがこれまで以上に強く匂い立つからかもしれない。だとしても、例えば古今東西いくつもリリースされてきた「ウィズ・ストリングスもの」でもなく、パストラルなプログレッシブ・ロック風でもなく、ジョニ・ミッチェルの『夏草の誘い』でもなく……、少なくともこんな風なシンガー・ソングライター・アルバムはGofishトリオの頭の中以外、多分どこにもなかったのではないだろうか。

もちろん、それは一朝一夕につくられたものではない。2004年の『Songs For A Leap Year』、2009年の『あたまのうえ』、以上2枚の既発アルバムの試行錯誤(『あたまのうえ』収録曲「夏の粒子」の田園風アレンジを思い出してみよう)があってこそ、また、並行して活動するNICE VIEWのボーカリスト/ギタリストとしての道程を踏まえてこそ到達した新境地、桃源郷であることは間違いない。

行く道を行き、帰り道を帰る。しかしその道筋は他の誰の者でもないテライショウタによるテライショウタの音楽。嘘のような本当の音楽が、しかし、いつもと変わらない風情できょとんと生まれ、立っている。『とてもいいこと』は、つまり、浮き世と浮き世離れに橋を架ける、そんなアルバムなのです。

1. そらのかけら
2. 夢の速さ
3. ちいさくなれる
4. 迷路
5. 滑走路
6. ふたつの月
7. とてもいいこと
8. 明滅


[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 03:00 | 再入荷

OFF!


OFF! / st (cd) (Lp) Vice
d0246877_2561153.jpg

2009年結成のUSはカリフォルニア産ハードコア!OFF!の2012年作、待望の1stアルバム!!!
これまでのリリースで既に大きな注目を浴びているOFF!でございますが、勿論今作も最高!
BLACK FLAG/CIRCLE JERKSに在籍した名ボーカリストKEITH MORRISをはじめ、RED KROSSのSTEVEN McDONALD、BURURNING BRIDESのDIMITRI COATS、EARTHLESS/ROCKET FROM THE CRYPT/HOT SNAKESのMARIO RUBALCABAとゆう超強力、豪華面子が集結したバンドで80's US HARDCOREのあの質感、アツさをまんま感じさせる、全く衰えを知らないと言っていいグレートサウンドで燃えます!!!
アートワークは前作と同じくレイモンド・ペティボーンによるもので完璧です!!全16曲入り!大推薦です!




OFF! / First four eps (7epx4) Vice
d0246877_2561029.jpg

2009年に結成されたUSはカリフォルニア産ハードコアバンドOFF!!!!
今作は2010年作のデビュー作品となるブツで、各4曲を収録した7ep、4枚セットとゆう全16曲入り豪華box set仕様でのマニア心をくすぐりまくる仕様でのリリース。
このOFF!、とりあえず面子が危ない。BLACK FLAG/CIRCLE JERKSに在籍した名ボーカリストKEITH MORRISをはじめ、RED KROSSのSTEVEN McDONALD、BURURNING BRIDESのDIMITRI COATS、EARTHLESS/ROCKET FROM THE CRYPT/HOT SNAKESのMARIO RUBALCABAとゆう超強力、豪華面子が集結したバンド。
80's US HARDCOREのあの質感、アツさをまんま感じさせる、全く衰えを知らない素晴らしいサウンドを展開、全16曲、約18分を収録!
4枚の7epそれぞれにペティボーン先生によるアートワークを施したジャケット付き、アートワークや歌詞、写真など記載した7epサイズのブックレットも付いております!そして勿論box自体にもペティボーン先生によるアートワークが!
cdでのリリースもあり、値段も安いですが、ファンならばこちらも見逃せませんね、トータルで最高な作品です。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 02:57 | 新入荷

SWEDISH DEATH METAL


SWEDISH DEATH METAL (book+t-shirt+bag+mix cdr set) Death by metal
d0246877_2345743.jpg

d0246877_2345926.jpg

Set内容:
・T-shirt (illustration by Nicke/ENTOMBED)
・Swedish Death Metal Book
・Eco-bag (illustration by Nicke/ENTOMBED)
・Mixtape CDR (curated by Daniel Ekeroth (author of swedish death metal)

はるまげ堂/OBLITERATION/GALERIA DE MUERTEによるブランドDEATH BY METALからSWEDISH DEATH METALファン即死の豪華セット作品が登場!
まずSwedish Death Metal Bookはスウェーデンのデスメタル史を世界のスラッシュ/デスメタルと貴重なエピソード、未成年時代のEMTOMBEDの連中のあんな事、こんな事までがインタビューや回顧録をまじえてわかりやすく解説しひも解いた素晴らしいアーカイブ本。
多数のジャケット、フライヤー、写真を掲載。スウェディッシュデスメタルバンド A to Zも掲載しこの一冊でスウェディッシュデスが丸わかり。この書籍の刊行から世界中でスウェディッシュデスメタルリバイバル、そしてオールドスクールデスメタルブームのきっかけとなった重要書籍。
英語表記となりますがこれは危ないです。サイズ 24x17x3.5cmで500ページのフルボリューム仕様!
そのSwedish Death Metal Bookの表紙となるENTOMBEDのNicke氏によるアートワークを使用したTシャツとエコバック、更に著者であるDaniel Ekeroth氏によるmix cdrも付いた超豪華4点セット!

TシャツのボディはGildanでサイズがSとMがあります。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 02:36 | 新入荷

aie / After hours


aie / After hours (cd) Master Builders
d0246877_2325664.jpg

千葉県は柏発の海底横歩き系、五輪駆動ミドル・ロック・オーケストラ集団aieの前作"hikarika"より約1年半ぶりとなる待望の新作が到着でございます。
心地良さ優先順位、ベクトル四方八方斜めに真っすぐ貫く三十路手前の渋さを辛みに変えるか?争うより産むが易し、トータルイマジネーションなロックをプレイするaie。
今作は前作までのP-vineからではなくaieの自主レーベルMaster Buildersからのリリースとなります。
今作には"クライセカイ"、"六月"とゆう新曲2曲とUSはシカゴの盟友Anathalloのカバー"kasa no hone"とゆう3曲を収録したcd ep。
factor2graceとはまた違う感じでありながらもますます天空を駆け抜けていく系な質感、キラビヤかで、なにかワクワクしてしまうあの感覚、繊細、複雑でありながらも時に激しくダイナミックに広がっていく音の波、そしてばちばちと突き刺さってくる叙情性、前作に引き続き日本語詞で美しく、優しく、流れるよう質感と時に絶妙なスパーク具合いで唄う大屋氏のボーカル、初期のaie節はしっかりと芯にありつつもより貪欲に様々な音を吸収し発し続けるaieの今がこの新曲2曲には詰まっていると思います。
ラストのAnathalloのカバーでは全編AnathalloのMatt氏とErica氏がボーカルをとるとゆうカバーとゆうよりはaie + Anathalloの共同作といった楽曲となっております。
なんともaieらしい3曲に仕上がっております!大好きですaie!!!
アートワークはaieの大先輩にあたるKCHC!ex-ヌンチャク/現kamome kamomeの向氏(yuvikiri zukai)によるもの、こちらも素晴らしい仕上がりとなっております!
居原匠児氏によるライナーノーツも封入!

※ 先着でAIE BOOK制作ミスにより産まれたDEEPSLAUTERコーリン氏によるアートワークのカバー/ポスターを付けた特別パッケージを発送いたします。




aie / Aie book (meets After hours) (cd+zine) Master Builders
d0246877_2325720.jpg

aie、2012年最新作"After hours"リリースに伴い特別号として制作されたAIE BOOKと題したZINE付きのセット!
完全ハンドメイドによるaieの愛と熱が込められたZINEとなります!55セットと少量しか制作されていないとのことですのでお早めに!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-20 02:34 | 新入荷

11/19


11月19日(月)は
record shop DIGDIG
15時から21時まで!

都合により18時過ぎから19時過ぎまで一時間ほど閉めております、、、
ご迷惑お掛け致しますがよろしくお願いいたします。



record shop DIG DIG web shop
11/18 更新しました!




これからの営業時間予定です!

11/20(tue) 15:00〜21:00
11/21(wed) 15:00〜
11/22(thu) 19時頃〜
11/23(fri)
11/24(sat)
11/25(sun) 12:00〜20:00




通常営業時間は
平日 15:00〜21:00
土日祝 12:00〜20:00

になります。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-19 12:33 | DIG DIG

XIBALBA/WORLD OF PAIN


d0246877_9495395.jpg

d0246877_9495443.jpg

d0246877_949472.jpg

d0246877_9494561.jpg

d0246877_9495775.jpg

[PR]
by recordshopdigdig | 2012-11-17 09:50 | 新入荷

2012. 11/17 (sat) OKAYAMA PEPPER LAND 『 go forward keep 30 』


本日でっす!!!!

2012. 11/17 (sat)
@OKAYAMA PEPPER LAND

『 go forward keep 30 』

d0246877_12242951.jpg

HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION (from Kyoto)
ANTI-SPECTACLE (from Kyoto)
TECHNOCRACY (from Osaka)
PYRAMID STATE (from Kochi)
TILL EWING
MOLD
DANCE MY DUNCE



open 18:30 / start 19:00
ticket
adv/door 2000yen (+500 1drink)
18歳以下 500yen

info.
go_forward_keep@hotmail.co.jp






ANTI-SPECTACLE (from Kyoto)
現S.O.Bのカワタカ氏、ex-NO FUTUREのバビ氏、ex-SATORI SCHOOL/現drillmanのターコ氏、ex-BLOW ONE'S COOL/FIRST ALERT/現BACK TO BASICSのシンタロウ氏とゆう豪華メンバーによる京都産新鋭ハードコアパンクバンド。
怒濤に爆走する極上ジャパニーズドライビングハードコアパンク!
待望のデビューCDを現在制作中、神戸のHARDCORE KITCHENよりリリース予定。

HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION (from Kyoto)
H.M.VことHollywood MassageVibration。
ex-ODD BALL、CONSTRICTED、ex-INCRIMINATION、RADIATES、現ACIDIC SOIL、HUMPTY DUMPTY、ex-OUTNAUTSとゆう豪華メンバーからなるバンド。
ぐにゃぐにゃ、はちゃめちゃ、キャッチー、暴走、不穏さや混沌具合いだったり、狂気的な雰囲気を感じさる遊び心ありありに予測不能でぶち壊れまくった楽曲でありながら、逆に超スタイリッシュにさえも感じさせるセンス抜群の京都産変態変質変速的ハードコアパンク!!
2011年に神戸のHARDCORE KITCHENより2ndアルバムがリリースされております!!!

PYRAMID STATE (from Kochi)
高知産ハードコアパンクPYRAMID STATE。 高知が世界に誇るハードコアパンクレーベル男道レコード、高知のライブハウス/レコードショップCHAOTIC NOISE/K-CLUBを主宰する高知パンクシーンのボス井上氏と高知ダークスラッシュハードコアBLIND SNIPERのタカオ氏が在籍、
80's USHCからの影響を独自のフィルターを通し突っ走るスタイリッシュかつイケイケな土佐スピリッツも全開なハードコア!

TECHNOCRACY (from Osaka)
岡山の重鎮CRIKEY CREWともsplit 7epをリリースしていた大阪ハードコアNO SIDE、そして現在は平行して大阪クロスオーバースラッシュハードコアMIDNIGHT RESURRECTORでもギターを担当する山口氏が率いるバンド、TECHNOCRACY。
一時は山口氏がボーカルを担当しておりましたが、現在は新ボーカリストが加入、浪速の最強リフマスターの異名を持つ山口氏が再びギターに専念する新編成での来岡。
切れ味抜群すぎのスラッシーなメタリックギターとブラックサバスよろしくなスローパートなんかも組み込み展開されるセンス抜群すぎ、そして異様に渋いクロスオーバーメタルハードコア!
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2012-11-17 08:42 | LIVE SCHEDULE


〒700-0902 岡山県岡山市北区 錦町1-24 SOHO BLD.3F (CRAZY MAMA1 すぐ下)      e-mail: recordshopdigdig@gmail.com


by recordshopDIGDIG

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
DIG DIG
お知らせ
新入荷
再入荷
LIVE SCHEDULE
入荷予定
PICK UP
独り言
DIG-EST zine
未分類

最新の記事

HIGHER POWER /..
at 2017-06-17 06:13
2017.6/17-6/18
at 2017-06-17 06:09
MAD CONFLUX!!!..
at 2017-04-02 13:41
EARTH CRISIS /..
at 2017-04-02 13:35
170306
at 2017-03-06 11:24
170301 本日19時から..
at 2017-03-01 12:52
170228 本日19時から..
at 2017-02-28 12:52
170226 本日12時から..
at 2017-02-26 09:20
MC KHAZZ
at 2017-02-25 07:01
2/25
at 2017-02-25 06:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧