<   2013年 03月 ( 58 )   > この月の画像一覧

Nostalgic four past and Cigarette end / st


Nostalgic four past and Cigarette end / st (cd) 3rd
d0246877_09174.jpg

過去〜現在、ジャンル問わず数多くの良質なバンドを生み出してきた京都からの新鋭バンド、Nostalgic four past and
Cigarette end。
2010年に結成された4人組日本語激エモロックバンドで近年の同郷、京都でいうところでtheoremやMother等にも通ずる熱量、若手ならではの青さを感じさせながらも、抜群のセンスを持ったサウンドを展開。全4曲入り。



活動歴が二年足らずと聞けば、未熟で聴くに耐えないサウンドを思い描くだろう。だが、今作は耳の肥えた貴方にこそ聞いて欲しい。抽象的で、激しく、秘めた、若者の想いがここにある。Nostalgic four past and
Cigarette end...これもまた紛れも無く人間のウタだ。

2011年4月 寺田康治、川本景大を中心に活動開始。同年9月 佐藤修介、
翌年8月 南條良太(from Hello Hometown)が加入し、現体制となる。

過去を懐かしむことのできる人達は幸せである。未来が吸殻のように朽ち果てるとしても。
良かった事を思い出し、暗い将来を想像し、誰の為に生きていくのか。僕の心は何処にある?
産れ落ちた瞬間、心臓は秒読みを始めて、理解しているのに気づかないふりをして、日常を曖昧に過ごし、他人を羨むくらい自分に満足できないでいる、今。抱える漠然とした不安。そんな些細なものと対峙した時に、僕の声は張り裂けそうになるし、楽器は掻き鳴らすしかない。不器用にでも、この漠然とした不安を現すにはそうするしかなかったのだ。
それでも信じている。誰しもが抱える問題なのだと。誰しもに陽の目を見ない、直視できない、忘れていたい事、感情があること。
しかし、それが根本をなし人間を体現していること。自分の核を歌詞にし、感情と共鳴する音を鳴らすことで僕の想いは伝わると。
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 18:09 | 新入荷

DJ PK / Romper stomper vol.2


DJ PK / Romper stomper vol.2 (cdr) Seminishukei
d0246877_075229.jpg

Functional Hip hop Megamix "Romper Stomper" vol.2 Presented by DJ PK!Nipshit only!!!!!

Seminishukeiによる日本語ラップオンリーのmixシリーズ"Romper Stomper"。第1弾はBUSHMINDが担当していましたが、2013、遂に第2弾が登場!
担当するのはCIA ZOO、D.O.D所属、BPMは常に速度超過なDJ/トラックメイカー、DJ PK!!!!
日本のヒップホップの様々な側面より集められた楽曲をDJ PK自身のトラックやブレンドでリミックスを施していて、言わずもがなDJ PKらしい、ボディーをムービンせざる得ない世界観を作り上げた、かなりもっていかれてってしまう素晴らしいmix。
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 13:39 | 新入荷

WHAT-A-NIGHT'S / st (Lp)


WHAT-A-NIGHT'S / st (Lp) Snuffy smiles
d0246877_062878.jpg

徳島産極上メロディックパンクロック!WHAT-A-NIGHT'S!2012年リリースのSNUFFY SMILESからのUKのBANGERSとのsplit 7epも素晴らしかったですが、今作はその前作となる2011年にcdでリリースされていた大傑作1stアルバムの待望のアナログ盤!
アナログリリース用にリミックスとリマスタリングを施した言わば完全盤としてのリリースとなり、ジャケットはcdと同じく『M&W』によるものながらも全くの別デザインとなります。USのRAD GIRLFRIEND、UKのDRUNKEN SAILOR、そしてSNUFFY SMILESの3レーベルの共同リリース!国内流通100枚限定。

四国は徳島より超注目バンドの登場です!
MINORITY BLUES BAND、I EXCUSEとゆうSnuffy smileの2トップと言えるバンドのメンバーにより結成されたWHAT-A-NIGHT'Sの待望の初正式音源が登場!
以前はWEDDING NIGHTSとゆう名前で活動していましたが今回、WHAT-A-NIGHT'Sと改名しての10曲入り1stアルバムを自主レーベルNice'n'easyよりリリース!!!
MINORITY BLUES BAND/FRAGMENTS、I EXCUSEのメンバーが在籍とのことでその期待も否が応にも高まりますが、その期待を裏切らない素晴らしい作品となっております、
そ のサウンドはMINORITY BLUES BAND、I EXCUSEぽさも健在ながら、FRAGMENTSで見せた唄心とアダルティーな雰囲気をより進化させたような感じで、メロディアス、爽快でありつつ、哀 愁感もアリアリに、ほとばしるアツさも兼ね備えた、哀愁ドライビンメロディックパンクてな感じでとにかく最高!
もう簡単に言ってしまえばMINORITY BLUES BAND、I EXCUSE、FRAGMENTSを足したような音でしょうか?
とにかく上記3バンドが好きな人は確実に満足してもらえる素晴らしい一枚に仕上がってます。
や はり個人的にはMINORITY BLUES BAND時代からスポさんのボーカルが大好きでありまして、アツくて、青くて、切なくて、かつしっかりと唄心があって、やはりこのボーカルがのっただけで 最高にかっこいいなと思うわけです。もちろん楽曲も申し分ないす!全10曲入り。大推薦でございます!
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 12:17 | 新入荷

PAYBACKBOYSMOKEE


d0246877_92462.jpg

d0246877_924100.jpg


PAYBACKBOYS
SMOKEE
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 09:03 | 入荷予定

FILTHY HATE / Possessed to satan


再入荷!

FILTHY HATE / Possessed to satan (cdr) (tape) Batman
d0246877_14322711.png

d0246877_1432223.png

※ cdrとtapeの2つのフォーマットで入荷!
cdrはtapeからおこしたもので制作、トラック分けはされておらず1トラックに収録されております。


Late 80's UKバンドからの多大な影響を独自のフィルターを通し放つ東京ハードコア!FILTHY HATEのデモ作品や2枚組ソノシート、MIDWAY STILLとのsplit epに続く2012年末にリリースされた新作!!!
今作はFILTHY HATEの醍醐味のひとつであった女性Voがバンドを離れ、ノブのゴリVoオンリーとなり制作されたブツ。
しょっぱなのブリブリRawなベース、不穏な黒メロディーを奏でるギターから、じわじわと展開し、一気にザクザク切り捨てまくるメタリックリフでステンチ過ぎに荒くれまくりな爆走パートへと突入、一曲目から上がりまくる!とにかくステンチ極まりない感じで、メタリックに突き進みながらも、その中で見せるダークメロディアスな部分が哀愁と不穏の絶妙なバランスで存在する様は異様だと思います、
危ない怒濤の壮絶ブラストナンバーもブチ込んだり、ミドルテンポでメロディアスに突き進むバラエティーにとんだ6曲を収録。
とにかくLate 80's UKへの愛情をひしひしと感じさせながら、それをオリジナリティへと推し進める抜群のセンスを見せる極上ステンチハードコアパンク!最高です!
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 09:02 | 再入荷

FIVE NO RISK / Now here man


FIVE NO RISK / Now here man (cd) Front of union
d0246877_00283.jpg

"不自由だけが知ってる自由さミュージック"

約2年ぶり、遂に登場しました!関西を拠点に全国各地に飛び回るハードコアバンド!FIVE NO RISK!待望の2ndアルバム!前作と同じく京都のKiM主催によるレーベルFront of unionからのリリース!
もう岡山でも説明不要、しょっちゅう来てます!FIVE NO RISK!待望の新作となる今作、年間100本を越えるライブ、ジャンル関係無く様々なフィールドでの活動で確実、着実にその存在を多くの人に刻み込み、どんどん進化を遂げる彼ら、前作が結成からの集大成的な作品に対して、今作は前作リリースから現在までに獲た様々な経験値で作り上げられた、まさにFIVE NO RISKオリジナルハードコアを確立したとしか言いようがない1枚!!!
もちろん前作からの流れもありありに、泣き泣き激疾走オールドスクールハードコアなパート、爽快、痛快なメロディーラインは健在に、ジャパニーズハードコアからの影響と、そこに今作では大胆にロック要素もブチ込み、SION、長渕なんかも好物であるボーカル/テッペイくんの聴かせるアツく、独創的な唄とテンション高すぎの絶叫がなんとも突き刺さるような、非常に振り幅のあるボーカルスタイルを見せております。
バラエティにとんだ楽曲群ながらも、どこを切っても切ってもFIVE NO RISKらしさが滲み出る、泥臭さ、男臭い哀愁とほとばしりまくるアツさと、エモーショナル、激情的なスタイリッシュさも兼ね備えたサウンドを放っております。
前作も素晴らしかったんですが、それを遥かに上回る素晴らしい作品に仕上がっていて、全てのハードコアパンク、そしてロックファンに聴いていただきたい!!!
勢いありありに激しく、アツく、そして"見せる"ライブステージングをそのままパッケージングしたかのような今作に燃えないわけがなく、感動すら覚えるほどに素晴らしい1枚!!!
V.A/Burst heads go futureのラストに収録されていた名曲"Mr.ナチュラリー"の再録も収録した全11曲入り!超大推薦盤!!!
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 04:58 | 再入荷

boris / praparat (Lp)


boris / praparat (Lp) Daymare
d0246877_2357278.jpg

boris!小文字名義でのひっさびさの新作!しかも2013年3連続リリースが決定!!!まず第一弾は日本独占リリース。デジタルフォーマットでのリリースは一切無しとゆう、こだわりのアナログフォーマットでのリリース!
メジャーからの衝撃作、個人的に最高に好きな1枚な『New Album』、ワールドワイドで2作同時リリースした『Attention Please』と『Heavy Rocks』とゆう3枚のアルバムを2011年に発表し、大規模なワールドツアーとライヴモードとなっていたボリスが2013年は音源モードに突入、、、
その2013年音源モードのしょっぱなを飾るのは、『dronevil -final-』発表以来7年振り!!!となる久々の小文字名義!全曲書き下ろしとなる新作となります。


ボリスがロックの中心へ向かう“BORIS”(大文字)と、ロックの外側に向かう“boris”(小文字)のふたつの表記を使い分け、様々な音像の探求を試みていることは広く知られている。さらに近年はその両方を自在に行き来する“Boris”としての活動をメインに行っていた。とはいえツアーに出ている時以外は常にレコーディング、レコーディングこそが日常というボリスにとって、毎日生まれる楽曲を奔放に発表すること自体が他の何よりも重要なのかもしれない。
色彩豊かなギターの音色とメロディ、時にサイケデリック、鼓膜をつんざくノイズとヘヴィネス、鳴ってしまった一瞬の音を捉えて拡げる実験性。これまでの小文字名義の流れを踏襲したインスト主体の作風ながら、全て一回りした上での洗練と緻密さも感じさせるアンサンブルに「これを聴きたかった」と膝を打つファンも多いはず。
ゆらめきながら切ないヴォーカルを聴かせる2曲もこの世界に完璧に溶け込んでいる。
長きに渡りサポート・ギタリストを務める栗原ミチオ、『New Album』のサウンド・プロデュースを手掛けた成田忍、フランスの舞台美術家ジゼル・ヴィエンヌもコラボレイターとして参加。
初回プレス分のみ180g重量盤で生産数完全限定。 全11曲入り!
[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 01:39 | 新入荷

ANTI SPECTACLE


ANTI SPECTACLE / st (cd) Hardcore kitchen
d0246877_02052.jpg

遂にリリース!!!!!!!!!!!!!!!2012年11月に岡山PEPPERLANDにて衝撃のライブを見せてくれた京都が誇るグレーーーーートハードコアバンド!!!ANTI SPECTACLEの1st cd!!!

京都/狂都の豪華強者ハードコアパンクス4人によるトップフュエール級/Hi SPEED 爆走 Hardcore Punkバンド!ANTI SPECTACLEが遂に遂に!待ちに待ちまくったデビュー作品となる6曲入りcdを神戸/関西のお馴染み良質レーベル、コメット氏によるHardcore kitchenよりリリース!!!
京都、関西は勿論のこと関東、四国、そして岡山にも来てもらったりと精力的にライブ活動をしており、各地で話題になりまくっていたANTI SPECTACLEが遂に、そのベールを脱ぐー!
再生した瞬間にグイグイと加速し爆走!凄まじいまでのドライブ感と荒くれ具合いに悶絶!ガチあがり!震えが止まらない!
もう何もかもを置き去りして、唸りをあげながらひたすら加速し続けていく様は圧巻!凄まじいキッレキレ度とヒリついた緊張感、大人なワルの匂いをプンプン漂わせながら、猛烈なかっこよさでイッケイケ、激シブに駆け抜けていく衝撃の6曲!!!
ゲストコーラスには神戸のSUNSONSの上甲氏、そして京都のex-CONTINENTAL KIDS、吉川氏が参加し、エンジニアにはACIDIC SOIL/HUMPTY DUMPTY/ex-H.M.Vのケンタロウ氏を迎え、ジャケットアートワークには京都/日本が世界に誇るSAVAGE SUPPORTのお馴染みYossie氏が担当!!!
全6曲入り、猛烈大推薦盤!!!




[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-10 00:22 | 新入荷

Gofish / レコード-いと


Gofish / レコード-いと (7ep) Sweet dream press
d0246877_2355468.jpg

お馴染み名古屋が世界に誇るグレートハードコアバンド「NICE VIEW」でギターボーカルを担当するテライショウタ氏によるアナザーサイド。「NICE VIEW」とは対極的なサウンドを奏でるプロジェクト「Gofish」。
2012年にリリースされた言わずもがな大名作なアルバム『とてもいいこと』に続く新作はなんと初のアナログフォーマットとなる7epでのリリースです!さすがSweet dream pressさんわかってます、最高です!
今作、A面には大名盤1stアルバム"Songs for a leap year"のしょっぱな、1曲目に収録されていた名曲"レコード"をアルバム『とてもいいこと』を支えたトリオ編成の一人、黒田誠二郎氏が参加しての2人編成で再録、名曲"レコード"が本当の「レコード」になってしまいました。そしてB面には『とてもいいこと』でのトリオ編成にゑでぃまぁこん、PAAPの水谷康久氏をサックスに迎えた新曲"いと"を収録。
"Gofishをアナログフォーマットで聴く"とゆう行為は本当に素晴らしい時間の使い方だと思う、勿論cdでの空気感も素晴らしい以外の何者でもないわけですが、アナログならでは、この音の鳴り、空間、隙間、声。針を落として音がながれてきた時の感動、衝撃、、、あったかな音がもっとあたたかく聴こえる、幽玄的な世界観はより、果てしなく幽玄的に、なんともゆったり、ほっこりしてしまい、別世界へと誘われる激大名盤!!!
大音量で聴くもよし、しっとりとひっそりと聴くもよし、どうにもこうにも素敵すぎる1枚になっています。
モノクロで表現されたジャケットアートワークは山口洋佑氏が担当、、レコードラベルサイズの歌詞カードも洒落てます。
ダウンロードコードやクーポン、同内容のcdなどは付属しておりません。レコードに針を落としてお楽しみください。全2曲入り。


[PR]
by recordshopdigdig | 2013-03-09 23:56 | 新入荷

3/9


3月9日(土)は
record shop DIGDIG
12時から20時まで!

よろしくお願いいたします。

d0246877_12261354.png


本日は津山K2で
CROW DRAGON TEA
レコ発です。

行けないです、涙

働けば働くほどよくならない感じがしてます、
やり方悪いんでしょうね、、、
負のループ抜け出したいです。

バイトでもやろうかな、と。



record shop DIG DIG web shop
3/9 更新しました!



これからの営業時間予定です!
3/10(sun) 12:00〜20:00



通常営業時間は
平日 15:00〜21:00
土日祝 12:00〜20:00

になります。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by recordshopDIGDIG | 2013-03-09 12:26 | DIG DIG


〒700-0902 岡山県岡山市北区 錦町1-24 SOHO BLD.3F (CRAZY MAMA1 すぐ下)      e-mail: recordshopdigdig@gmail.com


by recordshopDIGDIG

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
DIG DIG
お知らせ
新入荷
再入荷
LIVE SCHEDULE
入荷予定
PICK UP
独り言
DIG-EST zine
未分類

最新の記事

HIGHER POWER /..
at 2017-06-17 06:13
2017.6/17-6/18
at 2017-06-17 06:09
MAD CONFLUX!!!..
at 2017-04-02 13:41
EARTH CRISIS /..
at 2017-04-02 13:35
170306
at 2017-03-06 11:24
170301 本日19時から..
at 2017-03-01 12:52
170228 本日19時から..
at 2017-02-28 12:52
170226 本日12時から..
at 2017-02-26 09:20
MC KHAZZ
at 2017-02-25 07:01
2/25
at 2017-02-25 06:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧